Homeマークフッ素樹脂コーティングTOPマークフッ素樹脂選定ガイド

フッ素樹脂コーティング

フッ素樹脂選定ガイド

弊社で扱いのある5種類の粉体樹脂に関するメリット及び使用例と各樹脂の性能比較表です。粉体樹脂の選定の際、資料としてお役立てください。また、樹脂の選定についてご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

PTFE(Ploy Tetra Fluoro Ethylene)

メリット 使用例
フッ素コーティングの中で最も高い連続使用耐熱温度260℃を有します。非粘着性、低摩擦特性などにも優れていますが、耐蝕用には適切ではありません。

【食品工業用として】

フライパン
【一般工業用として】
カメラ部品、工学機械、ピストンリング、ベアリング

一般加工温度 一般連続使用温度 非粘着性 滑り性 耐薬品性 膜厚
380℃~435℃ 260℃ × 20~30μm
  • PTFE塗装サンプル①
  • PTFE塗装サンプル②

PFA(tetra fluoro ethylene-Per Fluoro Alkylvinyl ether copolymer)

メリット 使用例
PTFE塗料系と同じ連続使用耐熱温度を有します。 また、ピンホールの少ない塗膜を得ることができるため、高温使用の耐蝕用としては 最高の性能を持ちます

【食品工業用として】

業務用炊飯器、もち製造機、各種食品製造機械部品
【一般工業用として】
ゴム成形用金型、電極部品、耐塩水装置

一般加工温度 一般連続使用温度 非粘着性 滑り性 耐薬品性 膜厚
330℃~420℃ 260℃ 30~50μm
  • PFA塗装サンプル①
  • PFA塗装サンプル②

ETFE(Ethylene Tetra Fluoro Ethylene)

メリット 使用例
代表的なPTFE、FEP、PFAに匹敵する電気特性、耐薬品性、耐蝕性を保持しつつ、 改良された機械的特性と容易な加工性を兼ね備えています。

【一般工業用として】
メッキ槽、スーパーチャージャー用ローター、メッキ冶具、洗浄カゴ、ポンプ部品

一般加工温度 一般連続使用温度 非粘着性 滑り性 耐薬品性 膜厚
280℃~350℃ 150℃ 150~1000μm
  • TEFE塗装サンプル①
  • ETFE塗装サンプル②

変性塗料(テフロンS)

メリット 使用例

テフロンSはアルミの薄物の耐熱温度の低い素材などに適しています。

【食品工業用として】

餃子用金型、ポッパー、シュート、スクレイパー
【一般工業用として】
送風機、エアコンフィルター、バルブ、カメラ部品

一般加工温度 一般連続使用温度 非粘着性 滑り性 耐薬品性 膜厚
260℃~380℃ 150℃~260℃ 20~30μm
  • 変性塗料塗装サンプル①
  • 変性塗料塗装サンプル②

フッ素樹脂性能比較表

  PTFE PFA ETFE 変性塗料
一般加工温度 380℃~435℃ 330℃~420℃ 280℃~350℃ 260℃~380℃
一般連続使用温度 260℃ 260℃ 150℃ 150℃~260℃
非粘着性
滑 り 性
耐薬品性 ×
膜  厚 20~30μm 30~50μm 150~1000μm 20~30μm

コーティングのことならなんでもおまかせください

お問合せボタン

株式会社仲田コーティング粉体部

ページ先頭へ