Homeマーク各種機械マーク塗装設備

各種機械

塗装設備

塗装設備イメージ

仲田コーティングが生産する塗装設備は、25年間行われてきた高耐食性コーティング生産の中から生まれました。自社製品の高い要求を満たすために自ら製作したことが塗装設備生産のはじまりです。
仲田コーティングでは自社生産のノウハウを生かし、お客様が【どのような膜をつくりたいか】というコーティングに対する要求にあわせて機械を設計しています。また、一連のコーティングシステムとしてもご提案いたします。

ディップスピンコート機

ディップスピンコート機
ディップスピンは、ネジなどの量産物をコーティングする装置です。製品を液につけ、その後遠心分離で液を振り切ってコーティングします。
鎌の形が鉢状になっており、回転するとネジが上部に浮かび上がる構造になっています。それにより、遠心分離で外側にネジが張り付いているだけではなく、回転することによってネジが上に移動し、停止時にはネジが下に移動するため、液だまりが出来にくい仕組みになっています。

タンブラコート機

タンブラコート機
ワークを入れたカゴを回転させ、スプレーを上下に動かすことによりコーティングする装置です。
スプレーを動かすタイミング、カゴの回転速度、スプレーの吐出量を自動制御することで膜厚の管理を用意に行うことができます。

焼成炉

焼成炉
焼成炉は、コーティングされた塗料を焼き付けるための装置です。バッチ式やコンベア炉などいろいろな炉があります。

ページ先頭へ